Blog

クロスク

2016.09.12

成長性分析【基礎】

成長性分析は、企業のスケール度合いを判断する。企業価値向上のためには会社は成長し続けなければならない。 売上高成長率 企業規模が成長しているかの判断は売上高を利用する。これは、利益が成長している場合でもコストカットに起因…

続きを読む

クロスク

2016.09.12

安全性分析【基礎】

安全性とは、企業の支払能力を示す。債務を返済できなければ企業は倒産する。そのため安全性は倒産リスクを示しているとも言える。   安全性分析にも様々な手法があるが、以下代表的な指標を紹介する。これらはBSデータを…

続きを読む

クロスク

2016.09.12

収益性分析【基礎】

収益性は、企業の利益獲得能力の大きさである。企業目的は企業価値の最大化と捉えることもできるため、収益性分析は特に重要である。   収益性は、利益額や利益率で計算される。この点、利益額は企業規模の大小によって金額…

続きを読む

クロスク

2016.09.12

財務分析の概要

財務分析とは、会計情報をもとに企業や企業の各部門、各セグメントの収益性、効率性、安全性、生産性、成長性を分析することである。公表されている財務情報をもとに分析する手法を財務諸表分析という。 分析目的 収益性:利益獲得能力…

続きを読む

クロスク

2016.09.12

キャッシュ・フロー計算書【基礎】

企業は企業価値を高めるために利益を追求する。しかし、利益が生じていたとしても資金ショートしてしまうと倒産する(黒字倒産)。結局、キャッシュを獲得できなければ会社は存続できない。キャッシュ・フロー計算書は会社のキャシュの流…

続きを読む

クロスク

2016.09.12

損益計算書の見方【基礎】

損益計算書は、収益を売上高、営業外収益、特別利益の3つにわけ、費用を売上原価、販売費及び一般管理費、営業外費用、特別損失、法人税等の5つに分類し、5つの利益(売上総利益、営業利益、経常利益、税金等調整前当期純利益、当期純…

続きを読む

クロスク

2016.09.12

貸借対照表の見方【基礎】

貸借対照表【入門】で貸借対照表の概要を見た。以下の貸借対照表は貸借対照表【入門】で利用したものであり、資産、負債及び純資産に大きく分類している。もう少し詳しく見ていきたいと思う。 資産 以下の貸借対照表にあるように、資…

続きを読む

クロスク

2016.09.12

損益計算書【入門】

損益計算書とは、企業のある一会計期間の経営成績を明らかにした報告書である。 損益計算書は、収益と費用から構成され、それらの差額が当期純利益(マイナスの場合は当期純損失)である。 収益とは 収益とは企業が商品や製品を販売…

続きを読む